阪神ドラ2・井上 圧巻のバックスクリーン直撃弾 月間3本目のアーチ

[ 2020年9月29日 13:20 ]

ウエスタン・リーグ   阪神―オリックス ( 2020年9月29日 )

阪神の井上広大
Photo By スポニチ

 阪神ドラフト2位・井上広大外野手(19)がウエスタン・リーグ第7号の本塁打を放った。

 0―2の3回2死一塁で打席に立つと、カウント1ボール2ストライクから6球目、右腕・本田の甘く入ったカーブを完璧に仕留めた。高々と舞い上がった打球はバックスクリーンに直撃する2ラン本塁打となり、同点に追いついた。8月は本塁打0本も、9月はこれで3本目のアーチ。厳しい夏場を乗り越えて、持ち味の長打力にさらに磨きがかかってきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月29日のニュース