オリ山本8回零封 中嶋監督代行“勝率5割”復帰

[ 2020年9月29日 22:17 ]

パ・リーグ   オリックス3―0西武 ( 2020年9月29日    京セラD )

<オ・西>5回1死三塁、吉田正の追加点となる適時打でベンチでガッツポーズを決める山本(中央)(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックス・山本が8回無失点、自己最多14奪三振の快投で7勝目を挙げた。5カード連続で初戦白星を飾り、中嶋監督代行は「球数(8回120球)が、かかったけど、それでも抑えるんだから凄いですね。それ(カード頭勝利)が一番ありがたいですね。1つ1つ勝っていくのに頭を取ってくれると勇気が出る。山岡にしろ、山本にしろ、凄くありがたいです」と称えた。

 これで、中嶋監督代行が指揮を執った8月21日の西武戦から16勝16敗2分け。指揮官の“勝率5割”に復帰した。中嶋監督代行は「そこは、あまり思っていない。本当はもっと貯金がしたいので。そこまでの成績ではないと思います。本当は月間で常に貯金していきたい。まだギリギリの線なのが残念。まだまだいけるのではないかな」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月29日のニュース