阪神・大山 弾丸ライナーの22号ソロ本塁打 トップ岡本に1本差迫る

[ 2020年9月29日 20:27 ]

セ・リーグ   阪神―中日 ( 2020年9月29日    甲子園 )

<神・中>6回無死、中越えにソロ本塁打を放ち、“22号ポーズ”で迎えられる大山(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神の大山悠輔内野手(25)が今季22号ソロを放ち、リーグトップの巨人・岡本に1本差に迫った。

 「追加点が欲しかったので打つことができて良かったです。良いスイングをすることができました」

 2点優勢の6回先頭で打席に立つと、この回からマウンドに上がった2番手・藤嶋に対して3ボール1ストイラクから145キロ直球を振り抜いた。鋭いライナー性の打球は、あっという間に中堅フェンスをオーバー。18日中日戦以来9試合ぶりの一発に、一塁ベースを回りながら右手拳を握りしめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月29日のニュース