大谷に聞く メジャー3年目の自己評価「もちろん、いい年ではなかった」

[ 2020年9月29日 02:30 ]

インターリーグ   エンゼルス0―5ドジャース ( 2020年9月27日    ロサンゼルス )

<ドジャース・エンゼルス>2回、快足で内野安打にした大谷(AP)
Photo By AP

【大谷に聞く】

――メジャー3年目の自己評価と来季の課題は。
 「もちろん、いい年ではなかった。改善点、課題はあるので、オフシーズンに取り組んでいきたい。結果的にポストシーズンに行けなかったので悔しさが大きい」

 ――打撃でオフに取り組みたいことは。
 「一番はボールと投手との距離感かなと思う」

 ――ストライク判定で苦しむ場面が目立った。
 「大なり小なり、みんな今年のストライクゾーンに苦しんでいるのはあった。そこも含めて一回一回、勉強だと思う」

 ――投手復帰に向けて。
 「まずは不安なくしっかり投げられるというのは最低条件。そこ次第」

 ――来季につながるポジティブな面は。
 「良いところは良いと思うし、悪いところはその分、伸びしろがあるので、いいと思う」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月29日のニュース