ドラフト候補、中大・牧3安打 黒星にも前向き「バッター陣で勝っていきたい」

[ 2020年9月29日 15:29 ]

東都大学野球秋季リーグ戦第2週第1日 1回戦   中大1―3立正大 ( 2020年9月29日    神宮 )

<中大・立正大>1回2死一塁、中大・牧は中前安打を打つ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ドラフト上位候補、中大の牧秀悟(4年、松本第一)が3安打の猛打賞。チームの勝利には結びつかなかったが、ネット裏のスカウトには猛アピールした。

 開幕の東洋大戦はノーヒット。「周囲も打ってくれるし、自分が!と思いすぎず自分の打撃をしようと臨んだ」と第1打席からストレート、変化球ともしっかり捉えた。昨秋に続く連覇がかかるが「日本一が狙えるチームだと思うので、きょうみたいなゲームはなくしてバッター陣で勝っていきたい」と前を向いていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月29日のニュース