エンゼルス 大谷二刀流“最大の理解者”エプラーGMを解任 後任候補続々

[ 2020年9月29日 02:30 ]

インターリーグ   エンゼルス0―5ドジャース ( 2020年9月27日    ロサンゼルス )

17年12月、エンゼルス入団会見を終え、記念撮影する大谷とエプラーGM(右)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は27日(日本時間28日)、メジャー3年目を終えた。球団は6年連続でポストシーズン進出を逃し、大谷獲得に尽力したビリー・エプラーGM(45)の解任を発表した。

 CBSスポーツなどは、エンゼルスの新GM候補に前レッドソックス編成本部長のデービッド・ドンブロウスキー氏を挙げた。マーリンズ、タイガースのGMなどを歴任し、97年にマ軍、18年にレ軍でワールドシリーズ優勝へ導いた。複数のメディアは、アストロズ前GMのジェフ・ルノー氏も候補の一人と報道。サイン盗みの処分で今年1月に解任され、今季は大リーグ機構から職務停止処分を受けている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月29日のニュース