巨人・坂本勇 4試合計20打席ぶりの安打「結果として得点につながった」と笑顔

[ 2019年6月22日 19:33 ]

交流戦   巨人7―2ソフトバンク ( 2019年6月22日    東京D )

<巨・ソ>3回2死一塁、高橋礼から左前打を放つ坂本勇(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇が、久々の安打を放った。3回、2死一塁から左前打。18日のオリックス戦の第1打席以来、4試合計20打席ぶりの安打で3点の先制点にもつながり「結果として得点につながった。それがすごく良かった」と穏やかな笑みを浮かべた。

 7回にも無死二、三塁から、きっちりと右犠飛。まだ本調子ではないものの「H」ランプを灯し、打点も稼いだ。

 23日にはソフトバンクと交流戦優勝をかけた一戦に臨む。主将は「チームとして目標の一つ。勝てるように頑張る」と気を引き締めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月22日のニュース