大谷 満塁に代打で二ゴロ チームは延長10回サヨナラ●

[ 2019年6月22日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス5―7ブルージェイズ ( 2019年6月20日    トロント )

<ブルージェイズ・エンゼルス>6回、満塁の好機に代打で2ゴロの大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷は20日(日本時間21日)、休養日の意味合いで9試合ぶりのベンチスタート。1点を追う6回2死満塁に今季2度目の代打で出場したが、左腕メイザのツーシームに二ゴロに倒れた。チームは延長10回サヨナラ負け。

 試合前のキャッチボールでは距離を右肘手術後最長の160フィート(約49メートル)に延ばした。また、ブラッド・オースマス監督は、DH制のないナ・リーグ主催試合に初回の攻撃限定で大谷を出場させる「野手版オープナー」案について米メディアに問われ「面白いけど、やるかは分からない」と話すにとどめた。(柳原 直之)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月22日のニュース