連覇へ 大阪桐蔭初戦は東淀川 中野主将「気持ち高まった」

[ 2019年6月22日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大阪大会・抽選会 ( 2019年6月21日 )

 大阪桐蔭は夏の甲子園2連覇を目指し、初戦の2回戦で東淀川と対戦することが決まった。昨年は根尾(中日)らを擁して春夏連覇を達成したが、今春のセンバツは出場を逃した。中野主将は「いよいよ夏だなという強い気持ちが高まった。どう準備するか全員で話し合って決めたい」と語った。

 《大阪展望》センバツに出場し、投打ともに戦力が充実する履正社と、夏の甲子園で2連覇を狙う大阪桐蔭が2強となる。春の府大会で初優勝を飾った大商大高、大阪偕星学園、近大付と好投手を擁するチームが対抗勢力。東海大大阪仰星、大体大浪商なども地力あり、混戦模様だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月22日のニュース