阪神・岩田 大阪桐蔭の同級生・中村に2発浴びるも勝ち投手の権利持って降板

[ 2019年6月22日 16:00 ]

交流戦   阪神―西武 ( 2019年6月22日    甲子園 )

<神・西(2)>阪神先発・岩田(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 阪神先発の岩田が粘りの投球で6回5安打2失点。味方の援護もあり、勝ち投手の権利を持ったまま降板した。

 2回に1死無走者から大阪桐蔭で同級生の中村にソロ本塁打を浴びると、4回にも再び中村におかわり弾を浴びた。

 それでも5回、6回は強力打線をゼロに抑えた。4月18日ヤクルト戦以来の白星へベテランの投球で試合をつくった。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月22日のニュース