ソフトB・福田またも快音 優勝決まる大一番へ「しっかりといい準備をして臨みたい」

[ 2019年6月22日 18:21 ]

交流戦   ソフトバンク2―7巨人 ( 2019年6月22日    東京D )

<巨・ソ>9回2死一、二塁、沢村(右)から代打適時二塁打を放つ福田(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 前夜の試合で決勝の代打満塁本塁打を放った福田が、またも快音を響かせた。

 6点を追う9回2死一、二塁で代打で登場。沢村の151キロの直球を右翼線にはじき返す適時二塁打を放った。

 試合は敗れたが「負けた中でも自分のバッティングができた。明日につながると思う」。

 23日の交流戦の最終戦は、勝てば優勝が決まる大一番。ここ一番での打撃が光る福田は「明日は緊張しますね。しっかりといい準備をして臨みたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月22日のニュース