日本ハム・吉田輝 23日中日戦に向け最終調整「変化球も良くなってきた」

[ 2019年6月22日 14:37 ]

<中・日(2)>肩を回しアップする吉田輝(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 23日の中日戦(ナゴヤドーム)で、1軍2度目の先発を迎える日本ハムの吉田輝星投手(18)が22日、同球場で最終調整を行った。捕手をホームベース上に座らせてブルペン投球を行う、ショートピッチングで約30球。「しっかり(投球に)ラインが出ていたし、変化球も直球が良くなるにつれて良くなってきた。コンディションも良くなってきた」と手応えを話した。

 20日には第101回全国高校野球選手権の秋田大会組み合わせ抽選会が行われ、母校・金足農の初戦の相手が雄物川(おものがわ)に決定した。「(後輩を)勇気づけられる投球ができれば」と気合いを入れて、登板に備えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月22日のニュース