巨人・山口が7勝目 6月は無傷の3連勝、好調の要因は「早寝早起き」

[ 2019年6月22日 19:36 ]

交流戦   巨人7―2ソフトバンク ( 2019年6月22日    東京D )

<巨・ソ>お立ち台でマルポーズを作る投打のヒーロー丸(左)と山口(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・山口が7回5安打1失点で7勝目を挙げた。

 負ければソフトバンクの優勝が決まり、勝てば逆王手をかける一戦に「いつも以上に気合いを入れていた」。直球に力があり、その分だけ変化球も効果的に決まった。

 5回に1点を失ったのみで、それ以外は危なげない投球。1死球を与えたが、無四球での投球に「四球なくいけたのは良かった。最近、ボールに自信を持って投げられている」と充実の汗を滴らせた。好調の要因は「早寝早起き」だという。規則正しい生活をすることで、生活リズムを整え、体調管理につなげる。疲労はあるが「コンディションはいい」。

 これで6月は無傷の3連勝。月間MVPの有力候補にあがるが「(自分の勝ちは)おまけとしか思っていない。チームが勝つために投げていきたい」と冷静に受け止めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月22日のニュース