巨人 坂本勇の20打席ぶり安打きっかけに3点先制

[ 2019年6月22日 15:44 ]

交流戦   巨人―ソフトバンク ( 2019年6月22日    東京D )

<巨・ソ>3回2死一塁、高橋礼から左前打を放つ坂本勇(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇人内野手(30)が、20打席ぶり安打を放った。3回2死一塁から、高橋礼の137キロ直球に合わせ左前に引っ張った。

 前日は千賀の前に4三振を喫するなど、球団では4人目となるプロ野球タイ記録の1試合5三振。「(千賀は)いいピッチャーだと分かっている。相手というより、自分の問題もある」と話していた。

 坂本勇の一打で2死から一、二塁とすると丸、岡本の連続タイムリーで3点を先制。岡本は「追加点を取れればチームに勢いがつくと思い打席に入りました。食らいつきました」。試合前時点で7勝だった下手投げ好投手の高橋礼を、4回3失点で降板させた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月22日のニュース