阪神・木浪、連敗ストップ貢献 前日の“公開説教”で「失敗恐れない!」

[ 2019年6月22日 05:30 ]

交流戦   阪神5―3西武 ( 2019年6月21日    甲子園 )

<神・西>2回無死、木浪は右前打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・木浪が、しっかりとやり返した。2回先頭で右前打で出塁すると糸井の適時打で3点目の生還。連敗ストップに貢献した。

 「昨夜は寝られませんでした。でも朝起きたらちゃんと切り替えようと…」。

 前夜20日の楽天戦では、8回無死一、三塁の三塁走者として近本の高いバウンドの三ゴロでスタートを切らない消極的走塁が敗因の一つになり、矢野監督から懲罰交代&公開説教を食らっていた。

 この日の試合前には再び矢野監督との時間があり「失敗を恐れて行かないのが一番もったいない」との旨を諭され「8番・遊撃」で送り出された。

 練習ではノックがイレギュラーして左目付近に直撃。赤く腫れた患部を指さして「これは昨日の罰ですね」。3回の打席では左足ふくらはぎに死球も受けた。「これはもう逆にツイてるなと思うようにしました」。そう笑って前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月22日のニュース