巨人、中継ぎ炎上…森福&宮国&クック2軍落ち 野上&大江が昇格

[ 2019年6月22日 05:30 ]

交流戦   巨人3―8ソフトバンク ( 2019年6月21日    東京D )

6回2死満塁 福田(右)に勝ち越しの満塁弾を打たれる森福(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 巨人は中継ぎ陣が崩壊した。6回2死一、二塁でメルセデスに代わった宮国が、ストレートの四球とセーフティーバントで同点とされた。ここで森福を投入するも、福田に試合を決める満塁弾を浴びた。原監督は「1アウトを3人のピッチャーで抑えられなかったというところがね、こういう展開になった。ストライクを取ることに一生懸命になっちゃうのは、戦う以前の問題」と苦言を呈した。

 8回にはクックも2失点。宮国、森福、クックが2軍落ちとなり、22日から野上、大江が1軍に昇格する。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月22日のニュース