大谷 2試合連続ベンチスタート 好機に代打で登場も見逃し三振 チームは2連敗

[ 2019年6月22日 12:50 ]

インターリーグ   エンゼルス1―5カージナルス ( 2019年6月21日    セントルイス )

エンゼルスの大谷翔平
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)は21日(日本時間22日)、敵地セントルイスでのカージナルス戦で2試合連続のベンチスタート。7回に代打で登場したが、見逃し三振に終わった。  

 1点ビハインドの7回1死一、二塁というチャンスの場面での代打出場だった。3番手左腕ミラーと対戦したが、カウント1-2からの4球目、外角低めのスライダーに手が出なかった。

 チームは、初回にアップトンの適時二塁打で1点を先制するも、追加点が奪えず。投手陣も5失点と粘ることができずに敗れ、2連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月22日のニュース