楽天、サヨナラ負けで交流戦初V厳しく 平石監督「切り替えるだけ」

[ 2019年6月22日 05:30 ]

交流戦   楽天2―3DeNA ( 2019年6月21日    横浜 )

サヨナラ打を浴びたブセニッツ(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 楽天は痛恨のサヨナラ負けで、交流戦初優勝は厳しい状況になった。2―2で迎えた9回、セットアッパーのブセニッツが崩れた。先発の辛島はソロ2発を浴びたが粘りの投球で、打線は6回に追い付く意地を見せた。平石監督は「よく追い付いてくれた。信頼して(投手を)送り出しているので、切り替えてやるだけ」と前を向いた。

 交流戦制覇には残り3試合を全勝することが最低条件。ソフトバンクが1勝でもすれば可能性は消滅するが、必勝態勢で残り試合を戦う。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月22日のニュース