西武・中村 高校の同級生・岩田から2打席連発 歴代最多タイ230投手から本塁打

[ 2019年6月22日 15:37 ]

交流戦   西武―阪神 ( 2019年6月22日    甲子園 )

<神・西>4回2死、中村は左越えに2打席連続のソロ本塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 西武・中村剛也内野手(35)が、大阪桐蔭の同級生の阪神・岩田から2打席連発の13号ソロを放った。

 1―0の4回2死。左腕の投じた4球目132キロのスライダーを振り抜くと、打球は風に乗って左翼席中段に飛び込んだ。中村は「打てて良かったです」と振り返った。これで「早く達成したい」と話していた通算400本塁打まであと2本とした。

 2回の第1打席にも岩田からバックスクリーンへ12号ソロを放っており、本塁打を放った投手が通算230人を達成し、歴代最多記録に並んだ。
 

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月22日のニュース