ダル 2度のリード守れず…6回4失点で10戦連続勝敗付かず

[ 2019年6月22日 05:40 ]

ナ・リーグ   カブス4―5メッツ ( 2019年6月21日    シカゴ )

<カブス・メッツ>力投するカブス先発のダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュ有投手(32)が21日(日本時間22日)、本拠地でのメッツ戦に先発、6回4失点で降板し3勝目はならなかった。同点の場面での降板となり、登板10試合連続で勝ち負けが付かなかった。試合はカブスが4―5で敗れた。

 ダルビッシュはこの日、初回を3者凡退と上々の立ち上がり。2回に無死から四球、二塁打で一、三塁とされ、併殺打の間に1点を先制されたが後続を断った。

 カブスは直後にダルビッシュ自身の適時打などで逆転したが、3回1死一塁からマクニールに右越え2ランを浴び、ひっくり返された。

 4、5回は無失点に抑え、カブスが5回無死からダルビッシュ自身初のマルチ安打となる中前打で出ると、ラッセルの左越え2ランで再び逆転した。1点リードで迎えた6回は2死無走者からコンフォートに右越えソロ本塁打を浴び追いつかれた。

 6回の打席で代打を出されて降板となった。結局、6回88球を投げ、4安打6奪三振2四球で4失点だった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月22日のニュース