愛知ディオーネ引き分け 継投誤算、3点差追いつかれる

[ 2019年6月22日 05:30 ]

日本女子プロ野球   愛知ディオーネ5―5埼玉アストライア ( 2019年6月21日    パロマ瑞穂 )

<愛知ディオーネ・埼玉アストライア>同点打を放った埼玉・みなみ
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアシリーズ夏季リーグは愛知ディオーネと埼玉アストライアが対戦し、引き分けた。

 愛知は0―1の2回に敵失や四死球も絡んで4点を挙げて逆転。先発の松谷は5回1失点に抑え、6回から継投に入った。5―2の7回に3番手・坂東が1死から3連打で満塁を招き、2死から連打で同点に追いつかれた。延長8回から登板した4番手の小原は1死満塁のピンチを招いたものの、三ゴロ併殺で切り抜けた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月22日のニュース