DeNA 創設70年記念プレートにOBも感激 筒香「歴史をしっかりと受け継ぐ」

[ 2019年6月22日 13:38 ]

<D・楽2>70周年メモリアルプレートをお披露目する(左から)上茶谷、平松政次氏、松原誠氏、筒香(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは22日、「70th ANNIVERSARY MEMORIAL PLATE」のお披露目式を行い、球団OBの平松政次氏、松原誠氏、筒香嘉智外野手、上茶谷大河投手が出席した。

 球団創設70年を記念した「70th ANNIVERSARY PROJECT」の一つとして、公式戦開催日に横浜スタジアム内で「70th ANNIVERARY MUSEUM Supported by マルハニチロ」を開館中。22日の楽天戦から、ミュージアム内の壁面に歴代すべての所属選手・監督・コーチの名前と共に、「70th ANNIVERSARY MEMORIAL PLATE」を購入したファンの名前を掲出している。

 お披露目式に出席した松原誠氏は「過去の人たちが見たら喜ぶでしょう。僕にとってもうれしいし、感謝したい」と感慨深げ。平松氏は「一人一人が歴史をつくっているとよく分かる。素晴らしい企画をしていだだき感謝」と目を細めた。

 両氏の背番号を受け継ぐ現役選手2人も決意新た。筒香が「先輩方が築いてきた歴史をしっかりと受け継ぎ、10年後、20年後も僕たちのプレーがファンの皆さんに残るようにしっかりしたプレーをしたい」と話せば、上茶谷も「歴史を感じるし、27という偉大な背番号に恥じぬよう頑張りたいと思います」と誓いを立てた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月22日のニュース