レイズ ダブル本拠地案を検討へ 観客数低迷でテコ入れ

[ 2019年6月22日 02:30 ]

オーナー会議後、会見するロブ・マンフレッド・コミッショナー(AP)
Photo By AP

 大リーグ機構は20日、ニューヨークでオーナー会議を開催。ロブ・マンフレッド・コミッショナーが、レイズがダブルフランチャイズ制を検討していると会見で明かした。レ軍の案は現本拠地セントピーターズバーグでシーズン前半を、後半をモントリオールで開催する形。

 同コミッショナーは実現への調査を許可したという。レ軍は1試合平均観客数が昨年両リーグ29位と低迷。モントリオールは04年までエクスポズ(現ナショナルズ)が本拠地を置いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月22日のニュース