今年も実力のパ! パ・リーグが10年連続交流戦勝ち越し決める 開催15回でセ勝ち越しは1度だけ

[ 2019年6月22日 18:25 ]

<D・楽>7回2死一塁、左越え2ランを放った山下(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 プロ野球の「日本生命セ・パ交流戦」は22日、各地で6試合が行われ、ロッテ、オリックス、楽天が勝ってパ・リーグのチームが3勝を挙げ、54勝42敗4分けでパ・リーグの10年連続となる勝ち越しが決まった。

 残り試合は23日に6試合、24日に2試合の計8試合。セ・リーグのチームは残り試合ですべて勝ってもパ・リーグの勝利数に及ばず、10年連続の負け越しが決まった。

 2005年からスタートした交流戦は試合数等に変更がありながらも今年で15回目。セ・リーグが勝ち越したのは2009年の1度だけで、昨年はパ・リーグの59勝48敗1分けだった。
 

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月22日のニュース