【隠しマイク】栗山監督、名古屋の思い出は「“てめぇ、名を名乗れ!”と言われ…」

[ 2019年6月22日 08:30 ]

日本ハム・栗山監督
Photo By スポニチ

 ◎1軍に昇格したDeNA・進藤。「今年から丸刈りにしたんです」という顔は、ヤクルトの「きんに君」こと中山にそっくり。「(髪を切って)それでですかね。最近よく言われますよ」

 ◎三塁ベース付近で打撃練習の鋭いライナーを軽快な動きでよけた日本ハム・緒方守備チーフ兼内野守備走塁コーチは、周囲から心配され「大丈夫。ボールが止まって見えたから」。打球を放ったのは杉谷でした。

 ◎ソフトバンク・村松外野守備走塁コーチは、パナマ帽にサマースーツを着た鈴木康友元コーチのダンディーな姿に「どこの編集長かと思った」。ちょい悪ですね。

 ◎練習でノックを受けていた阪神・糸原は久慈内野守備走塁コーチから「(西武の)左バッター(足)速いよ!」と言われ、すかさず「俺ぐらい!?」と返答も…。久慈コーチは物凄い勢いで首を横に振っていました。

 ◎ナゴヤドームに到着した日本ハム・栗山監督は現役時代にプレーしたナゴヤ球場の思い出を問われ「たくさんあるよ。(スタンドのファンから)“てめぇ、名を名乗れ!”と言われて“すみません!”と謝ったりね」。古き良き昭和の球場での一幕です。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月22日のニュース