清宮“思い出の地”で代打二塁打「落ち着けてたと思う」

[ 2019年6月22日 05:30 ]

交流戦   日本ハム2―4中日 ( 2019年6月21日    ナゴヤD )

 縁のある地で快音を響かせた。日本ハム・清宮が7回1死から代打で左翼線二塁打。早実3年時に高校通算100号を放った小牧市民球場がある愛知遠征で結果を残し「(打席で)落ち着けてたと思う」と胸を張った。

 DH制がないセ・リーグ本拠地ではベンチスタートが多いが、7試合ぶりの先発出場だった20日のDeNA戦では2号本塁打。敗戦にも栗山監督は「(清宮は)内容が良かった」と評した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月22日のニュース