×

フワちゃん「実は憧れている人」暴露される 「これだけはマジで知られたくなかった!」

[ 2022年7月7日 10:51 ]

タレントのフワちゃん
Photo By スポニチ

 タレントでYouTuberのフワちゃんが6日深夜放送のフジテレビ「ホンシェルジュ・バカリズム」(水曜深夜1・40)にゲスト出演。「実は憧れている人」が明かされた。

 本棚を見ればその人がわかるというテーマで有名人の自宅本棚を忠実に再現。本を通じて、普段決して表には出ない芸能人たちの意外な本性や素顔、考えていることをひもといていく。

 「ウケる!トーク術」、「いじり・いじられ術」などのマニュアル本から小説、旅ガイドなど多岐にわたるフワちゃんの本棚からMCのバカリズムが気になる本として選んだのは、実業家の「ひろゆき」こと西村博之氏の著書「1%の努力」。これにフワちゃんは「ひろゆき読んでることだけはマジで知られたくなかった!」と地団駄。「あたしみたいな芸風のやつはひろゆきみたいなのにかみついて、お前違うんだよ偉そうに!って言わなきゃいけないのに、なるほどって心の中で思ってたんだって思われちゃう」と苦笑した。

 「(ひろゆきが)YouTubeで私の話をしてくれたらしくて、フワちゃんのタメ口の聞き方は頭の良いタメ口だって」と褒めてくれたといい、「興味ないフリしてフーンって聞いてたけど、ほんとは動画10回以上見た」と明かして笑いを誘った。

 過去に番組で共演経験があるが、実は憧れていることを悟られたくないとひろゆきの発言には全く興味ないフリをしていたという。「フーンって聞いてたけど、ほんとは全部刺さってたよ。全部知ってるんじゃないか、ひろゆきはっていう信頼感もあって好きなんですよ。答えがないことに対しての自分の考え方って割とあいまいで、何をもって自信満々に言っていいかみんなわかってないと思うんだけど…ひろゆきは絶対自分が正しい、はい論破!みたいな」とズバズバ自分の意見を主張していくところに憧れを抱いている様子。

 番組がひろゆきに「実は憧れていた」ということを伝えたと知ると「言わなくていいよ!」とブチギレながらも、ひろゆきから「以前フワちゃんと共演した時には全くそういうそぶりがなかったので、憧れの人と聞いてびっくりでした。逆に僕はフワちゃんの(YouTubeの)登録者数を目標にしていましたよ。なれなれしくても嫌われないところとか、変な服装してるのに違和感がなくなるところとか、そういったキャラ設定は間違いなく才能だと思います」とお褒めの言葉が。

 フワちゃんは「えー!お互い意識してたんだ!」とうれしそう。「私、効率厨な部分あるんで、効率的に生きるためにこれは無駄って言い切ってるのもいいなと思った」。さらに、本に記されている、「自分にとって何が一番重要かを決めて行動することが大切」ということを説いた「つぼの例え話」も好きだといい、「無人島ロケとか大変だけど好きだから絶対そのスケジュールはとって行くとか」と本の影響を受けていることを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年7月7日のニュース