中川翔子「悪魔の所行。徹底的に裁いてほしい」 放置の2歳女児死亡で逮捕の祖母らに怒り!!

[ 2022年7月7日 19:04 ]

中川翔子
Photo By スポニチ

 タレントの中川翔子(37)が7日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。大阪府富田林市の住宅で小野優陽ちゃん(2)が放置されて熱中症で死亡した事件について語った。

 この事件では、祖母の小野真由美(46)と内縁の夫の桃田貴徳(50)の両容疑者が、保護責任者遺棄の疑いで逮捕された。2人は真由美容疑者の五男(6)とともに、優陽ちゃんが亡くなった6月29日の2日前の27日から外泊。大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に遊びに行っていた。この間、真由美容疑者の四男(15)に優陽ちゃんの世話をさせており、29日午後4時頃、学校から帰宅した四男が、部屋で倒れている優陽ちゃんを発見した。当初、2人は29日午前5時に家を出てUSJに行ったと、府警に虚偽の説明をしていた。

 この報道を受けて、立川志らくは「殺人ですよね。2歳の子をうちに置いといて、どういう気持ちで遊園地で遊んでられるんだろうって…。人の心があったらそんなこと普通できないですよ、心配で心配で」と表情を曇らせる。また、中川翔子は「本当にかわいそうですね」と第一声。「(容疑者は)ウソまで付いて、何て悪質なんでしょうか。本当にこれは悪魔の所行ですね。徹底的に裁いてほしいです」と厳しい口調で語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年7月7日のニュース