×

これはヤバイよ 長嶋一茂、出川哲朗&ホラン千秋と新トリオ 酔った勢いで提案した企画が通った!

[ 2022年7月7日 05:30 ]

テレビ朝日の特番「出川一茂ホラン☆フシギの会」に出演する(左から)ホラン千秋、出川哲朗、長嶋一茂
Photo By 提供写真

 タレント長嶋一茂(56)の発案で、テレビ朝日が新バラエティー「出川一茂ホラン☆フシギの会」(9日後11・00)を立ち上げる。一茂と出川哲朗(58)、ホラン千秋(33)がトリオで出演。一茂は石原良純(60)、高嶋ちさ子(53)とのトリオでも同局番組「ザワつく!金曜日」(金曜後6・50)に出演中だが、新トリオでレギュラー化を目指す。

 番組は一茂のひと言から始まった。今年1月に「ザワつく…」のスタッフと会食中「出川さん、ホランさんと番組をやりたい」と提案。スタッフが企画に乗り、半年後に実現させた。不思議な能力を持つゲストや映像を見ながら、3人がトークを繰り広げる番組に仕上がった。

 初回収録から3人は息ピッタリ。一茂と出川が自由に発言し、ホランが丁寧にまとめる形で進行。収録後の会見で一茂は「イメージ通りで楽しかった。もちろんレギュラー化したい」とギラついた。

 良純、高嶋とのトリオで「ザワつく…」を人気番組へ成長させた一茂。昨年度の平均世帯視聴率が14・2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と好調で、大みそか特番も第1部が12・1%を記録した。一茂はそれぞれのトリオを「比べようがない。皆さん唯一無二の方」とした上で「正直、良純さんよりはやりやすかった」とぶっちゃけ。出川は「あの3人はバケモノなんだから!比べないで!」と尻込みしつつ、ホランとともに「またやりたい」と希望した。

 会見では一茂が暴走。出川、ホランと番組をやりたいと思った理由を聞かれ「酔ってたから。感覚だよ」と珍回答。番組構成にも「詰め込みすぎ」とダメ出しし、視聴者にどう楽しんでほしいかという話題でも「そこまで考えられない。“知るかボケ!”って感じ」と言いたい放題。出川は「一茂さんが一番不思議。こんなこと言ったら二度と呼ばれないのに、またやりたいと思わせるこの人間力」と不思議がっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年7月7日のニュース