×

「六本木クラス」主演の竹内涼真 香川照之とはアドリブの応酬「そんなのばっかです。僕も負けずに返す」

[ 2022年7月7日 11:07 ]

ドラマ「六本木クラス」制作発表会見のフォトセッションで「6C」ポーズを決める(左から)香川照之、新木優子、竹内涼真、平手友梨奈(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 俳優の竹内涼真(29)が7日、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に生出演。主役を務めた同日放送開始の新ドラマ「六本木クラス」(木曜後9・00)について語った。

 同ドラマは2020年に動画配信大手「Netflix」で配信されブームを巻き起こした人気韓流ドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」のリメーク版。東京・六本木を舞台に絶望の淵に立たされた青年が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権力を振りかざす巨大企業に立ち向かう姿を描く。

 この巨大企業の会長・長屋茂を演じるのが香川照之で、竹内は「本当に凄く良い作品をつくるために全力を尽くしてくれる方と共演したと実感していて、僕が演じる宮部新と長屋茂の人生、物事の考え方が両極端なので、その対決というか現場に入ってお互いやり合うシーンが多いので楽しいです」と香川との共演に胸を躍らせた。

 さらに司会の羽鳥慎一から「アドリブの応酬は?」と尋ねられた竹内は「言ってしまえば、そんなのばっかです。香川さんが言ってきたら僕も負けずに返すし、そこのやり方も全く違う二人みたいな。凄く面白いと思います」と現場では香川に対抗意識を燃やし、アドリブ合戦が繰り広げられていると語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年7月7日のニュース