×

有吉弘行、不遇時代をアンジャ渡部にイジられるも「あの仕事があるから今の俺がある」

[ 2022年5月26日 22:28 ]

タレントの有吉弘行
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの有吉弘行(47)が26日放送のTBS「櫻井・有吉THE夜会」(木曜後10・00)に出演し、不遇時代の仕事について語る場面があった。

 「有吉48歳のお誕生日会SP」と題し、ゆかりのあるゲストで盛大に祝福する企画。お笑いタレントのカンニング竹山は「有吉の不遇時代のお仕事Tシャツ」をプレゼントとして持参した。「有吉がそんなに仕事がない時代に“こんな仕事が決まったんだ”って。それが、ドンキとかで売ってあるパーティーグッズのカタログのモデルだったの」と、説明した。

 うんち帽子を被ったり、全身タイツを着るなど、竹山は「“あの猿岩石の人、こんなのやってるんだ”ってみんな思ってた」と振り返る。そのことを、とある番組でお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建がイジったことがあったという

 竹山は「そのとき有吉は“あの仕事があるから今の俺がある”って言ったのよ。有吉にとっての初心忘るべからずだと思ったのよ」とエピソードを披露。有吉も「覚えてる、一日中撮影やってね。こっちが恥ずかしいとか関係ない、マネキンだから。“こういう仕事もあるんだなぁ”と思ってたよ」と、懐かしんでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月26日のニュース