手越祐也「こっからは攻め攻め攻めで行ってやろうかなと」 7月7日に「シナモン」配信リリースを報告

[ 2021年6月23日 20:50 ]

手越祐也
Photo By スポニチ

 元NEWSの手越祐也(33)が23日、自身のYouTubeチャンネル「手越祐也チャンネル」を緊急生配信。ソロでメジャーデビューすることを報告し、思いを語った。

 昨年6月19日にジャニーズ事務所から独立し、同23日に記者会見を行ってからちょうど1年。この節目に手越は「(記者会見を)思い出します。僕以外はピリピリしてましたけど、僕はやっと話せると。人生で一番忙しくさせてもらった1年。3、4年分やったような不思議な1年」と振り返った。

 「手越祐也超重大発表!」と題しての緊急生放送について手越は「改めて、私、手越祐也は6月23日を持って、アーティスト活動を本格始動します。あざーす。一番大好きな活動」と報告した。また「生半可な状態で出したり、急いで何かを作って世に出すのがというのが嫌。みんなの期待もあるし、お金を払って曲を聞いてくれる方がたくさんいるものを自分が100点満点出さないものを出すっていうのが嫌」と満を持しての発表だとした。

 記者会見からちょうど1年の日の発表に「狙ったわけではない。何か6月23日ってあるんですかね」とおどけた。また、日本のみならず海外からも楽曲提供があったとし「これだっていう楽曲を7月7日に『シナモン』とうい曲をファーストデジタルシングルという形でリリースさせてもらって。本当に素敵な楽曲に囲まれて、音楽バカには幸せで。感動的というか感謝しかない」と語った。

 目標については「少しでも手越祐也を応援してくれてる方が日本全国各地にいらっしゃるなら、自分の足で会いに行って、感謝を伝えて一緒の音楽という空間で幸せを共有したい。もっともっと高みを目指して、手越祐也を応援し続けて良かったという音楽活動はガンガン仕掛けて、1年でだいぶ地盤固めて準備できたので、こっからは攻め攻め攻めで行ってやろうかなと」と語った。

 新曲「シナモン」について「いい意味で裏切りたい。歌の原点、シンプルイズベストで「人生で初めて2回レコーディングした」といい「こだわり抜いてきたアーティスト全力投球して作り上げた」と明かした。また「シナモン」の配信から6カ月連続でシングル曲の配信リリース、ブックレットの発売、9月14日からライブツアーを行うことなども明かし、最後には「シナモン」を生歌唱した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月23日のニュース