木村拓哉が新CMで「一歩」を踏み出す 背中を押してほしいと思う瞬間は「しょっちゅう」

[ 2021年6月23日 05:30 ]

リポビタンブランド新CMに出演する木村拓哉
Photo By 提供写真

 俳優の木村拓哉(48)が7月4日から順次全国放送される大正製薬「リポビタンブランド」の新CM「一歩を、一緒に。みんな強くない」編、「一歩を、一緒に。悩んで強くなる」編に出演する。

 新CMキャラクターとして起用され「リポビタンD」、「リポビタンDX」をはじめとしたブランドを訴求。時代とともに変わりつつある“頑張ることへの価値観”と向き合い、「頑張ること」に悩んだり、立ち止まったりしている人に語りかけながら、リポビタンと一緒に、一歩を踏み出す様子を描く。

 CMの舞台は朝を迎える街が見渡せる場所。「みんな強くない」編では「がむしゃらに走ってもいい。上手にできなくたっていい。ときどき立ち止まってもいい」と語り始める。「だって、僕らはみんな強くない。それでも、前へ踏み出せる時がきっとくるから」と続ける。「悩んで強くなる」編では「自分のため、家族のため、会社のため。何のために頑張るのか、ときどき答えが分からなくなる」と言って歩みを止める。「でも、僕らは悩んで強くなる。だから前へ踏み出すんだ」と前を向き直す。両編とも、一歩を踏み出したいすべての人に贈る応援メッセージになっている。

 撮影の合間に“背中を押してほしい”と思う瞬間があるかを問われ「しょっちゅうです。新しい作品に参加する時など、何か一つ、自分が一歩踏み出す時ってそれ相応の“覚悟”が必要なので、その都度背中を押していただけたらなっていう思いにはなりますね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月23日のニュース