中村仁美アナ 夫・大竹一樹にイラついた際の“反撃法”「バレるかバレないかのラインで行きたい」

[ 2021年6月23日 18:14 ]

中村仁美アナウンサー
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサー、中村仁美(42)が22日放送の関西テレビ「やすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です」(火曜後8・00)に出演。夫で「さまぁ~ず」大竹一樹(53)への“プチ反撃法”を明かした。

 誰しも、他人にバレない小さい「反撃法」を持っているとの話題。大竹にイラついたケース、その際の対策について中村アナは、「私はバレるかバレないかのラインで行きたい」と展開した。具体的なエピソードも紹介。「夫がでっかいビーチタオルを枕のカバーに使っている。洗濯に出すんですけど、それを洗わないでちょっと置いて。やっと4日後くらいに洗いましたって出すんですよ」と話した。

 「夫にとっては、わざとやっているのか、それとも洗い物が多すぎて分からないか、微妙なところ」とニンマリ顔。ギリギリを攻めるのが好みのようで、「そこをいきたい。『どっちだ、アイツが意地悪しているのか?洗濯物が多かったのか?』っていう、この行ったり来たりしてほしい」と説明していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月23日のニュース