古舘伊知郎 五輪会場での酒の販売見送りについて「ひとり時間差攻撃みたいなもの」

[ 2021年6月23日 17:20 ]

古舘伊知郎
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサー、古舘伊知郎(66)が23日、TBS系情報番組「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(月~金曜後1・55)に出演。東京五輪会場での酒の販売についてコメントした。

 番組では、大会組織委員会が発表した、観客に向けた新型コロナウイルス対策のガイドラインで、五輪会場での酒の販売の見送りが決定されたことについて取り上げた。

 MCを務める、フリーアナウンサーの石井亮次(44)から「結局お酒は会場では出さない。この結論に関してはいかがでしょうか」と振られた古舘は、「僕はちょっとなんかね。してやられてるなって感じがするんですよ」「パブリックビューイングでも代々木公園以外は引っ張っておいてね、結果的には人流抑制に全然ならない矛盾するって言って断念と出たじゃないですか」とコメント。

 さらに、「やっぱり色々評判が悪いんで当然のことで(酒の販売を)やめますってなると、そっちに我々意識いきますよね。昔のバレーボールのひとり時間差攻撃みたいなもの。そっちに目がいきますから。そして、無観客って言われていることが有観客になり…そっちの方は既成事実として進んでいくためには、こっちはやっぱりやめます。モグラ叩きで抑えましたっていうことに目がいってる自分が苛立つ」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月23日のニュース