米倉涼子 色気たっぷりの大胆な衣装で歌い踊る 城田の初競演の舞台「SHOWTIME」

[ 2021年6月23日 16:50 ]

笑顔を見せる米倉涼子と城田優(撮影・木村 揚輔) 
Photo By スポニチ

 女優米倉涼子(45)と俳優城田優(35)が23日、東京・渋谷の東京シアターオーブで共演舞台「SHOWTIME」の本番前稽古を公開した。

 米倉の代表作でもある「シカゴ」や、「ピピン」「キャバレー」などブロードウエーを代表するミュージカルの名曲を中心に、歌とダンスで魅せるショー。森崎ウィン(30)、JKim、大澄賢也(55)らも出演し、陽気に踊る曲からしっとり聴かせるバラードまで幅広いナンバーで楽しませた。

 米倉はビスチェにハイレグの色気たっぷりの大胆な衣装。美脚をさらけ出して歌い踊った。当初、6月には「シカゴ」の東京公演を同所で上演する予定だった。その前にはブロードウエーの舞台にも立つ予定だったが、いずれも新型コロナウイルスの影響で中止となった。「こんな時だからこそ」と長く親交のあった城田に声をかけて、今回のショーを企画した。

 「私はミュージカルはシカゴしかやったことない。この機会をいただいて、たくさんの方に出会った。未熟者ですが、まだまだやれることがあると思った」としみじみと語った。

 演出も2人で考え、主に衣装は米倉、美術や照明は城田が担当したという。米倉は「ほとんど城田くんに任せて、私は横やりを入れた」と笑いながら明かしたが、城田は「その横やりが的確で。相談しながらつくりました」と互いに信頼し合って作り上げた。

 城田は「この舞台を象徴するような曲をつくりたい」と、オリジナル曲の「Show Must Go On」を制作。出演者全員で歌い上げる壮観な場面となった。「少しでも音楽の力で前向きなエネルギーを共有できれば」と語った。

 10歳の年の差がある2人は舞台では初共演。米倉は「2人とも体は大きいけど気が小さい」と話せば、城田も「すごく緊張しい」と息ピッタリ。城田は「だけど米倉さんは本番に強い。引っ張ってもらってる」といい、米倉は「舞台上でアイコンタクトを取るのは初めてだけど、めちゃくちゃ楽しかった」と笑顔。城田は「1人の女性から広がった作品。早くたくさんの人と共有したくてワクワクしてる」と笑顔で話した。同所で27日まで。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月23日のニュース