セカオワFukase、父親の反応に満足「怖さ出せた」

[ 2021年6月23日 05:30 ]

舞台挨拶に登壇した「SEKAI NO OWARI」のFukase
Photo By スポニチ

 4人組バンド「SEKAI NO OWARI」のFukase(35)が22日、都内で初出演映画「キャラクター」(監督永井聡)の公開記念舞台あいさつを行った。

 冷酷な猟奇殺人鬼を演じ「いろいろな反響があって、映画を見終わった父親が家の戸締まりを確認したと母から聞いた。それくらい怖さが出せたのかも」と満足げ。だが、映画評論家からは「地なのでは?」という意見もあり、「演技です。1年半練習しました。普段は虫も殺さぬ性格。こんな風評被害があるとは」と嘆いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月23日のニュース