前田敦子 シングルマザーの不安吐露、性格は「タスマニアデビル」の指摘に困惑も…

[ 2021年6月23日 22:51 ]

前田敦子
Photo By スポニチ

 元AKB48の女優、前田敦子(29)が23日放送のフジテレビ占いバラエティー番組「突然ですが占ってもいいですか?2時間SP」(後9・00)に出演。占い師・木下レオン氏(45)から「性格はタスマニアデビル」と指摘され、困惑した。

 前田は自身の幼少期を「悪い事は絶対しない子。怒られたことがなかった、母から」と回顧。内気で遠慮深い、おとなしい性格だったという。ここで、木下氏が「今は中身が全然違う。とても強い。タスマニアデビルみたい」と、豪州の肉食有袋類になぞらえ表現。前田は「ギャーッっていうやつ、見たことある。近付いたらいけないってやつですよね。何でだろう…」と漏らした。

 その後「私、相手がちょっとでもウソついていると思うとダメですね、信じられなくなった瞬間に敵になっちゃうんですね」と告白した。「だってタスマニアデビルですから、骨までえぐるんですね」との言葉を受け、「みんな調べちゃいますよね、タスマニアデビルの動画。これが前田敦子か!?って」と苦笑した。

 過去の恋愛を振り返り、今後への不安を口にする場面も。恋愛については「遊んでいないです。片手いってないくらい。ただ純粋に恋愛しているだけっていうのがなぜか、全部週刊誌に撮られているだけ」と話した。シングルマザーとして長男を育てていることに触れ、「子どもに対しての不安はすごく大きいかもしれないです」と神妙な表情で吐露した。

 木下氏は「今までの強いタスマニアデビルでは子どもは育てることは出来ない。本来の優しい、ご自身の性格を出すことで幸せな人生を送るというのが出ています」とアドバイス。前田は「はー、嬉しい。嬉しいです。一番うれしいかもしれない」と笑みを浮かべた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月23日のニュース