イモトアヤコ「イッテQ」沖縄ロケでの気遣いに感動したこと「ドライバーさんの愛を感じた」

[ 2020年7月16日 17:42 ]

タレントのイモトアヤコ
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのイモトアヤコ(34)が15日、TBSラジオ「イモトアヤコのすっぴんしゃん」(水曜後9・30)に出演。久々に番組の収録でロケにでかけたことを、喜びを爆発させながら報告した。

 開始早々「やっぱロケはいいよ!」と叫ぶイモコ。「『イッテQ』で超久々にロケ行ってきました」と報告し「広い空の下ではしゃげるっていうのは、楽しかったなー」と話した。

 現在、日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」では海外ロケは中止し「目指せ47都道府県制覇 珍獣ハンターイモトジャパンツアー」に切り替えて放送。第1弾はイモトが「第2のふるさと」という沖縄に行ったが「梅雨明けの沖縄は良かったよ。暑いんだけど、その暑さも嬉しいし。沖縄は日本だけど異国感も味わえるし。人もね、良いのよ。方言も聞けて落ち着いたし」と振り返る。

 イモトは「沖縄は安室(奈美恵)さんの故郷でもありますしね」とここで心温まるエピソードを披露。「嬉しかったのが、ロケバスが用意されてて、乗ったら私の席の前に安室さんが最後のライブをされた時にしか配られなかった『I LOVE music!」と書いてあるうちわが差してあんのよ。『めんそーれ!ウェルカム!』って感じじゃん。その時点で沖縄のドライバーさんの愛を感じたわけよ。そういうのも嬉しく、終始テンションは上がってましたね」と笑顔で語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月16日のニュース