キャシー中島 夫・勝野洋と巣ごもり継続中「毎日飲みに行ってた夫が、ほんとに行かなくなった」

[ 2020年7月16日 13:04 ]

キャシー中島
Photo By スポニチ

 タレント・キャシー中島(68)が16日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)にリモート出演し、夫の俳優・勝野洋(70)が新型コロナウイルス感染拡大で外への飲み歩きを一切しなくなったことを明かした。

 東京都の小池百合子知事(68)が15日、新型コロナウイルス感染状況の警戒レベルを最も深刻な「感染が拡大していると思われる」に引き上げ、飲食店などの事業者に「感染防止徹底宣言ステッカー」の掲示をあらためて求めた。これに対し、MCの坂上忍(53)が「ステッカーを貼ってあっても、ほんとに守ってるの?中入らないと分からなかったりする」と指摘すると、中島は「その通り」と同意。「毎日飲みに行ってた夫が、ほんとに行かなくなったね」と明かした。

 「私たちは60、70代になった夫婦なんですけど、ステイホームをある意味ずっと守ってて、“ハーフステイホーム”って言ってるんですけど、仕事以外は家を出ることはありません」と、夫妻で巣ごもり生活を続けていることを明かし、「毎日家で晩酌して、毎日おつまみを作らなきゃいけなくて、大変と思ってるんですけど」とジョークもまじえて語った。

 家庭内クラスターの発生防止を意識しているそうで、「表に行って感染している人と会ってしまったり、一緒になってしまって持ってきてしまったら、1階下には孫たちが住んでますので。そう考えると、年寄りというか自分たちくらいの年代は、自分たちでステイホームして頑張るしかないんだなと、もっと感じました」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月16日のニュース