NHK次期朝ドラ「おちょやん」 ヒロイン杉咲花がクランクイン「高揚感」「現場にいられる幸せ」

[ 2020年7月16日 14:38 ]

女優の杉咲花
Photo By スポニチ

 NHKは16日、2020年後期の同局の連続テレビ小説「おちょやん」で、ヒロインを務める女優の杉咲花(22)が14日にクランクインしたことを発表した。

 同作は通算103作目の朝ドラ。大阪放送局の制作で、4月2日にクランクイン。杉咲が演じる千代の子役時代の撮影はスタートしていたが、新型コロナ禍のため同7日には撮影を中断していた。

 同局は、マスコミ各社に宛てた文書で「2020年度後期連続テレビ小説『おちょやん』について、7月14日、ヒロイン・竹井千代役の杉咲花さんがNHK大阪のスタジオでクランクインしましたのでお知らせいたします」と伝えた。初日に撮影されたのは、道頓堀の芝居茶屋で女中として働くシーン。子役から代わって杉咲演じる千代が本格的に登場する最初の場面。

 杉咲は同局を通じてコメントを発表。「これまで、現場へ、千代へ、千代の大切な仲間たちへ、とにかく想いを馳せる日々でした。無事にクランクインできた今日、今まで感じたことのなかったような高揚感があり、現場にいられることの幸せを改めて噛みしめていたら撮影はあっという間に終わっていました」と振り返り、「たくさんの方に楽しんでいただける作品になりますように、おちょやんチームの皆さんと、体に気をつけながら、心を込めて頑張っていきたいと思います!」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月16日のニュース