藤井聡太七段、最年少タイトル獲得!棋聖戦第4局で渡辺棋聖下す

[ 2020年7月16日 19:10 ]

第91期棋聖戦5番勝負の第4局で渡辺明棋聖(手前)を破り最年少でタイトルを獲得し、感想戦で対局を振り返る藤井聡太七段(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 藤井聡太新棋聖誕生!将棋の第91期棋聖戦5番勝負第4局が16日、大阪市の関西将棋会館で行われ、藤井聡太七段(17)が渡辺明棋聖(36)に110手で勝利。通算成績3勝1敗で17歳11カ月でのタイトル獲得となり、史上最年少戴冠の新記録を樹立した。

 藤井七段はこの日も和服を着用。黒い薄手の羽織に白い着物という、涼しげな出で立ちで盤に向かった。渡辺棋聖の先手番から開始。注目の戦型は、藤井七段が勝った第2戦と同じ渡辺棋聖が得意とする矢倉となった。中盤までは互角の展開も、終盤一気に優位に立ち、攻め切った。

 藤井七段は開幕2連勝でタイトル獲得に王手。第3局で敗れストレートでの戴冠は逃したものの、1990年に屋敷伸之九段が作った18歳6カ月の最年少タイトル獲得の記録を更新した。

 ▽棋聖戦 将棋8タイトル戦の一つ。1962年創設、94年まで年2度開催。現在は1、2次予選を経て16人で決勝トーナメントを戦い、勝者が6~8月に保持者と1日制の5番勝負に臨む。決勝トーナメントと5番勝負の持ち時間は各4時間で、勝者が棋聖のタイトル称号を得る。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月16日のニュース