桂文枝 77歳バースデーに藤井新棋聖誕生「落語界にも新棋聖のような方の出現を期待」

[ 2020年7月16日 22:43 ]

桂文枝
Photo By スポニチ

 藤井七段が史上最年少の17歳11カ月で棋聖のタイトルを獲得したことを受け、将棋ファンで自らアマ初段の腕前を持つ落語家・桂文枝(77)は自身77回目の誕生日でのタイトル奪取に「私の誕生日に若きタイトル保持者が誕生するとは嬉しい限りです」と大喜びだ。

 この日はABCテレビ「新婚さんいらっしゃい!」(日曜後0・55)の収録後、スタッフ作成のプレゼントを受け取りご満悦。夜は知人との会食で誕生日を祝ってもらっていた最中に、朗報が届いた。

 過去には対談などで旧知の17歳の偉業に「王位戦の大逆転からひょっとしてと期待しておりました。戦況を見ておりましたが、ついに誕生を知って胸がジーンとなりました。これで棋界はこの先50年、大丈夫。落語界にも新棋聖のような方の出現を期待しております。このたびは、誠におめでとうございます。凄い。見事でした」と賛辞の言葉を惜しまなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月16日のニュース