木村花さん母、BPO申し立て 「テラスハウス」スタッフの指示を主張

[ 2020年7月16日 05:30 ]

木村花さん
Photo By スポニチ

 フジテレビの恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演したプロレスラー木村花さん(享年22)が視聴者らから誹謗(ひぼう)中傷を受けた後に死去した問題で、母響子さん(43)が15日、放送倫理・番組向上機構(BPO)に審議を申し立てる書類を提出したことが分かった。

 響子さんによると、花さんは生前、中傷が集中した番組内でのシーンなどについて、スタッフの指示があったと話していた。「花が暴力的な女性のように演出・編集され、過呼吸になっても撮影を止めてくれなかった。人格や人権が侵害された」と指摘した。フジテレビはこの日、本紙の取材に「BPOから連絡を頂いていないため、コメントを差し控えさせていただきます」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月16日のニュース