加藤浩次「不毛な議論」 ツーブロック校則“事件や事故に遭う”は「全く関係ないと思う」

[ 2020年7月16日 13:06 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)が16日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。話題となっている「ツーブロック禁止」について言及した。

 共産党の池川友一都議会議員が13日にツイートした動画を受け、ツイッターでは「ツーブロック禁止」がトレンド入りするなど子どもの自由を制限する「ブラック校則」が話題に。

 その動画の内容は、3月12日に行われた東京都予算特別委員会の質疑応答の場面。池川都議が「なぜツーブロックはダメなのか」と聞くと、藤田裕司教育長が「その理由といたしましては、外見等が原因で事件や事故に遭うケースなどがございますため、生徒を守る趣旨から定めているものでございます」と回答している。

 この答えに対し、お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(37)は「(生徒たちが)あえて悪く見せるように(ツーブロックを)やっているんだったら問題ですけど」とした上で「そうじゃなく、オシャレでやっているんだったら全く問題ない」とコメント。「事件、事故を起こす側が問題なので髪形は関係ない」と話した。

 さらに、加藤も同意して「僕も、(ツーブロックと事件や事故は)全く関係ないと思うね」と言い、「不毛な議論のような気がする」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月16日のニュース