「石原プロ」57年の歴史に幕…渡哲也、舘ひろしら独立へ 「軍団」解散に渡「よくやったと思う」

[ 2020年7月16日 05:00 ]

石原プロの(左から)舘ひろし、渡哲也、会長の石原まき子さん、神田正輝
Photo By スポニチ

 渡哲也(78)、舘ひろし(70)、神田正輝(69)らが所属する芸能事務所「石原プロモーション」が57年の歴史に幕を下ろすことが15日、分かった。昭和の大スター、故石原裕次郎さんが1963年に設立し、社長を務め、映画「黒部の太陽」(68年)、ドラマ「太陽にほえろ!」(72~86年)「大都会」(76~79年)「西部警察」(79~84年)などの制作に携わり一時代を築いた老舗プロダクション。現在所属する9人の俳優へのマネジメント業務も終了するため「石原軍団」は解散となる。

 中心として支えてきた渡、舘、神田は独立する方向で調整し、00年のオーディション「21世紀の石原裕次郎を探せ!」でデビューした徳重聡(41)、金児憲史(41)らは他事務所への移籍の道を選ぶことになりそうだ。

 1987年7月17日に裕次郎さんが他界後、渡が2代目社長として引っ張り、被災地での炊き出しや、国立競技場で11万人を集めて裕次郎さんの二十三回忌を開催するなどして軍団の男気を見せてきた。だが11年、渡が健康上の理由や社長在籍期間が裕次郎さんの社長在籍期間と同じ24年目を迎えたことで退任し、大番頭だった小林正彦さん(16年死去、享年80)も去り、近年の活動は縮小に向かっていた。渡はその後、相談取締役として裕次郎の妻で会長の石原まき子さん(86)をサポートしてきたが、関係者によると、今回の幕引きはまき子さんも高齢となり、元気なうちに区切りをつけたいとの思いがあった。

 渡は本紙の取材に「主が亡くなって30年余り。よくやったと思います」と話している。

 同社は今月3日付で石原裕次郎記念館を運営していた子会社の石原インターナショナルを清算。今後は石原音楽出版が裕次郎さんの音楽関係の版権や遺品の管理を担っていく。石原プロによると、今後の方向性を記したまき子さんの手紙が今月17日の裕次郎さんの命日に関係各所に届くという。昨年の命日には三十三回忌法要をもって弔い上げとし、公の供養は行わないと発表していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月16日のニュース