山里亮太、若手芸人が尊敬するコンビに驚き とんねるず・ダウンタウンでもなく「もう、そうなんだって」

[ 2020年7月16日 16:20 ]

「南海キャンディーズ」の山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(43)が15日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演。若手が尊敬する芸人について驚いた際のエピソードを話した。

 山里は、お笑いコンビ「フタリシズカ」の横井かりこる(23)と話す機会があったといい、目指す人物について尋ねたそう。「俺たちだったら、ダウンタウンさんとか、とんねるずさん、ウッチャンナンチャンさん、とかじゃない」と山里。

 しかし、答えは予想外のコンビだった。「にゃんこスターだって。いや、それは優劣じゃないよ。だって、にゃんこスターってもうこの前じゃない。まだあそこに“温かい縄跳び”落ちてたじゃない」と笑わせる。

 「(明石家)さんまさんの前だと緊張する、とか。ダウンタウンさんの前で滑りたくない、とかあるじゃない。今度は『一番誰の前に出るのが緊張する?』って聞いたら、もうまっすぐな目で言ってたもんね。『嵐!』って」と世代間のギャップに驚いたという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月16日のニュース