三鴨廣繁教授 「Go To」に「全国一律でやるのは無茶。地域限定ならまだいい」

[ 2020年7月16日 17:37 ]

TBS社屋
Photo By スポニチ

 感染症に詳しい愛知医科大学の三鴨廣繁教授が16日、TBS系情報番組「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(月~金曜後1・55)に出演。新型コロナウイルス感染拡大の影響が続く中、政府が観光産業などを支援する「Go To キャンペーン」が実施されることについて言及した。

 三鴨教授は、「医師の立場からすれば、ちょっと無茶でしょと。やっぱり全国一律でやるのは無茶。地域限定、例えば関東圏限定、東北圏限定、東海圏限定、そういうのならまだいいかなと思うんですけど、全国どこ行ってもいいですよっていうのは時期尚早と言わざるを得ない」と指摘。その上で「東京圏の1都3県は感染者が極めて多いわけですから、もちろんここから外に出るってことに対して、来られた方もたぶん身構えたりすることもあると思う。ですから相手の気持ちも考えれば、東京の方が遠くに行かれた時に心から喜んでお迎えできるかっていうと、迎える方もわだかまりは多少あると思う。そういった意味で地域限定でやっていくっていうのが、1番いいと思う」と話した。そして「我々医師に聞くと、そりゃ無茶ですよと。今回、分科会は経済の専門家も元知事もいらっしゃいますから、経済のことも考えると結論はどうなのかな、と楽しみにしています」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月16日のニュース