南圭介 「近く親しい共演者の陽性」でPCR検査も陰性 大事取って舞台あいさつ欠席

[ 2020年7月16日 11:55 ]

俳優の南圭介
Photo By スポニチ

 戦隊ヒーロードラマ「宇宙戦隊キュウレンジャー」などに出演した俳優の南圭介(35)が15日、自身の公式ツイッターで、近い共演者が新型コロナウイルス陽性と診断されたため、PCR検査を受けたことを明かした。

 「近くて親しい共演者の陽性反応を受け、保健所から指示の元、一昨日PCR検査を受けました」とつづり、「結果は『陰性』でした」と報告した。

 一方で、その共演者との接触から2週間以内であることを鑑み、18、19日に予定されている公開中の映画「BLOOD-CLUB DOLLS2」の舞台あいさつ出演を見合わせることを決めた。「公の場に立つことを少し控えなければなりません。急なスケジュール変更申し訳ありません」とコメントを発表した。

 新型コロナウイルスの感染者は15日、全国で452人が報告され、東京都では7日連続で100人を超えている状況。南は「今は、何かを責めるではなく、何かを締める時。気を引き締めて油断せずにいこう」と呼びかけている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月16日のニュース