乃木坂卒業から2年…生駒里奈、公式ファンクラブ開設「大変長らくお待たせしました!」

[ 2020年7月16日 12:00 ]

ファン待望のFCができる生駒里奈
Photo By 提供写真

 2018年に乃木坂46を卒業し、現在は女優として活躍する生駒里奈(24)のオフィシャルファンクラブ(FC)が開設されることになった。16日から仮登録受け付けが開始され、8月3日にオープンする予定。

 FCの名称は「モノクローズ」。一つの色という意味を持つ英単語「モノクローム」が由来で「生駒里奈という一つの色が様々な人、モノ、場所を彩れるようになりたい」という本人の強い思いから命名された。

 5月末に公開された乃木坂46の楽曲「世界中の隣人よ」への参加が記憶に新しいが、かつては国民的アイドルグループの中心メンバーとして、現在は女優として新たな道を歩み始めた生駒が今回のFCでどのようにファンの心を彩ってくれるのか。グループ卒業から2年の新たな挑戦は大きな話題を集めそうだ。

 来月28日から上演される舞台「かがみの孤城」(東京・サンシャイン劇場=8月28日~9月6日、大阪・サンケイホールブリーゼ=9月18~20日、愛知・刈谷市総合文化センター大ホール=9月22日)では主演を務めることも決定している。2018年に本屋大賞を受賞し、大きな話題を呼んだ辻村深月氏の同題小説が原作で、生駒の新たな魅力も発信されそう。FCはファンにとってかけがえのない場所「孤城」になりそうとの期待が高まる。

 今後のFCの展開はまだ発表されていないが、オープンに向けて本人が発表したコメントは以下の通り。

 「生駒里奈を応援して下さっている皆様、大変長らくお待たせしました!遂に!ファンクラブが出来ます!ここでしか見られないコンテンツを用意しています!私もやっと開設できる事を嬉しく思っています!これからももっと皆さまに笑顔を届けられる様に頑張って行きたいと思いますので、オフィシャルファンクラブ『モノクローズ』をよろしくお願いします!」

 生駒里奈オフィシャルファンクラブ『モノクローズ』仮登録サイト https://plusmember.jp/feature/ikomarina_mail/ 

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月16日のニュース